ナンバー8 / No.8


Quays pacific Grill内に設立された蒸留所「No.8 Distillery」

2019年に横浜にあるレストラン「Quays pacific Grill」内に設立された蒸留所で造られるクラフトジン。蒸留所の名前にちなんで8種類のボタニカルと吟醸の酒粕焼酎から造られる。


No.8 Distilleryは、横浜ハンマーヘッドがある新港ふ頭「8号岸壁」が名前の由来。


コンセプトはレストランが手掛けるジン。

ジュニパーベリーをはじめ、イエルバブエナ、神奈川ミカン、ホップ、コーヒー、アボカドの種と珍しいボタニカルも使われている。加水すると少し白濁する。

 

【Country】

横浜


【ABV】

46%


【Botanical】

ジュニパーベリー

イエルバブエナ

神奈川ミカン

無農薬レモン

レモンバーベナ

コーヒー豆

生ホップ

アボカドの種


【Flavor】

柑橘香、ホップ、芳香


【Recommend to Drink】

ジントニック、マティーニ、ネグローニ、オンザロック